--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-01-14(Thu)

神楽 予告

1月21日(木)18:30~20:00
和力のコンサートが結で開催されます。
title_05[1]   title_04[1]

和力(わりき) 出演者は、
 加藤木 朗(かとうぎ あきら)・・・舞・太鼓・大道芸
 木村 俊介(きむら しゅんすけ)・・・笛・津軽三味線
 小野 越郎(おの えつろう)・・・津軽三味線・囃子 


和力の舞台は、昔からある芸能を舞台芸能に創造していくことが
根幹になっております。
昔からあるものといっても、最初から形のあるものはありません。
素になる想いや願いがあり、しだいに現在のこっている伝統芸能ができあがったのです。
無理と無駄を省き、切磋琢磨の手法を伝えて来たものを、伝統と呼びます。伝統とは「これをどう使うのが良かったか」という経験と技術の継承がまずあり、さらに「おまえはそれを、どう使い生かすか」そして、そこから「なにをうみ出すか」を常に問い続ける存在です。

和力は、固定された集団ではありません。
自分の世界をうみ出す者が、独りでは出てこないものを追い求め、互いに影響し合いながら創り出していく、空間と時間の名前です。


<「和力」(わりき)プロフィール>
日本各地の祭礼のなかで伝えられている芸能や神楽、囃子などをもとに、舞台芸術として再創造しているユニットです。
伝統を深く身につけた上での、独自の表現に、国内外で高い評価を得ています。
また近年は「牡丹灯籠」「やまたのおろち」「雪女」といった物語や神話をモチーフにした音・舞・語りによる新しい作品を発表している。

‘05年、愛・地球博(政府出展事業)「日本伝統芸能十八撰」出演
‘06年、イギリス「ホワイトホール」(文化庁後援)、「大英博物館」、イタリア「ピッティ宮殿」等で演奏
‘08年、国際交流基金の主催によりニューヨーク・ロサンゼルスにて公演
‘09年、韓国「国立民俗博物館」にて公演


<プログラム(順不同)>
*独楽(こま)の曲芸
*綾打ち(あやうち)・・・和太鼓の曲打ち
*獅子舞
*篠笛(しのぶえ)独奏「荒城の月」他
*津軽三味線独奏「津軽じょんから節曲弾き」
*津軽三味線二重奏「忍者」
*鶏舞(とりまい)・・・青森県田子神楽より
*東風(こち)・・・津軽三味線・篠笛・和太鼓による合奏

チケット発売中です。よろしくお願いします。
スポンサーサイト

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

NPO法人ワーカーズコレクティブうぃず

Author:NPO法人ワーカーズコレクティブうぃず
千葉県柏市松葉町2-12-3
TEL04-7134-7201
with-happy@jcom.home.ne.jp

年間予定
1月 初釜
2月 着物市
4月 つむぐ春
6月 交流会
8月 雅楽多市 
10月 つむぐ秋
12月 Winter sale

お教室&サロン
・ホメオストレッチ
・脳いきいきアート
・アロマハンドマッサージ
・健康麻雀教室 
・お習字    
・句会「結」
・一緒に歌いましょう
・ビーズ教室  
・さき織り教室 
・茶会 結 
・手習い  
・太極拳  
・落語・笑いヨガ  
・デジカメ教室
・かぶらの会     

リンク
最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。